飛行機にお菓子持ち込みはOK?オススメのおやつを紹介

飛行機にお菓子は持ち込んでもいいの?

あまり飛行機に乗らないとわからないですよね。私自身、大人になってもお菓子をつまんでしまうタイプなので、地味に重要な問題です。
 

結論を言えば、飛行機にお菓子を持ち込むことは可能。

ただ、持ち込む際にはルールがあり、マナーや注意すべき点もあります。また、子供などにお菓子を与える場合のおすすめのおやつ選びのポイントを紹介します。
 

飛行機内で食べるおやつ選びのルールとは?

航空会社のルールに注意!

飲食物全般の機内持ち込みを禁止している航空会社があります。

特にLCCですね。日本人がよく使う航空会社で飲食物持ち込み禁止なのはエアアジアで、お菓子やお弁当どころか、飲み物すら持ち込み禁止の徹底ぶりです。

(持ち込み禁止というか、飲食禁止が正解ですね)

 
ただ、そんなことを知りもしなかった私がエアアジアにお菓子を持ち込んだときは、バリバリとポッキーを食べていても何のお咎めもありませんでした。

もちろん、自前で持ち込んだ飲食物を食べるのは禁止なので大っぴらにするべきではないですが、こっそりとお菓子を持ち込んで食べても咎められるケースは低いです。
 

国際線のルールに注意!

国内線は、各航空会社が定める手荷物サイズに収まりさえすれば、ほぼどんなお菓子でも持ち込めます。

国際線は、ゼリーやプリン、ムースといった一見固形のお菓子を液体物として扱うため、注意が必要。生クリームも液体として扱われます。

液体物を機内に持ち込むには100ml以下、容器ごと定められた大きさのプラスチック袋に入れる、などの厳しいルールを守らないといけません。

コンビニのカップデザートや市販の冷たいデザートを機内へ持ち込むのは、国内線のみにとどめましょう。
 

国ごとの持ち込み規制に注意!

お気に入りのおやつを飛行機内で食べられても、目的地の国への持ち込みを禁止されている可能性があります。

飛行機に持ち込めるならば当然、目的地の国にも持ち込めるだろうと考えて、飛行機の中で食べ残したものを持ち込もうとしたら没収された、なんてのはイヤですよね。
 

目的地となる国ではどのような飲食物の持ち込みが制限されるか、確認してからお菓子を選びましょう。往路の飛行機内で食べきれる量だけ持ち込むのも1つの方法です。

さらに気を付けたいのが、乗継便を利用する時。乗継を行う国で、制限にかかるものを持っていると没収されます。乗継を行う国に、持ち込み制限がないかも事前確認しましょう。

飛行機内で食べやすいおすすめのおやつ4選

持ち込み制限にはひっかからないものの、機内で同乗している人を不快にさせてしまう可能性のあるおやつもあります。以下のようなおやつはさけましょう。

・においが強い
・食べる時に大きな音が出る
・転がる

いかのくんせいやスパイスをたくさん使ったスナック類は、においが強くてほかの乗客の迷惑になりえます。電車やバスで迷惑がられるものは避けましょう。

 
硬いせんべいや通常のものより歯ごたえを増しているポテトチップスなどは、食べる時の音が迷惑になることも。

どうしてもせんべいやポテトチップスを食べたいならば、あまり硬くないもの、一口で食べられて音を抑えられるものを選びましょう。
 

チョコボールや球体の飴は転がりやすいものです。取り出す際にちょうど飛行機が揺れ、どこかへ転がってしまうと探すのが厄介です。

チョコボールや飴の他、おつまみ用のグリーンピース、子ども用の卵ボーロなど、丸っこいもの全般を避けましょう。
 

昆布菓子

おつまみなどに用いられる、おしゃぶり昆布などの名前で売られている昆布菓子。噛みごたえがあるので、カロリー控えめでも満足感が得られます。

コンビニなど、身近な場所で入手しやすいのも高ポイント。味付けのバリエーションも梅味やカツオ味など様々出ているので、何種類か持ってくのもおすすめです。
 

干し梅

一般的な梅干しは液体扱いになるので、飛行機内への持ち込み困難ですが、干し梅ならば可能。こちらもコンビニなど、身近な場所で入手しやすい商品です。

味も、甘みが強いものからしょっぱみや酸っぱみが強いものまで種類豊富。酸っぱみが強いものならば、機内で仕事をする際の眠気覚ましにも役立つはずです。
 

先述の通り、まん丸のものは機内に転がって行方不明になる可能性があります。楕円形や四角形など、転がりづらい形のものを選びましょう。

溶けるまでに時間がかかるので、何度も取り出す必要がない点も飛行機おやつとして高ポイント。のど飴ならば、乾燥による喉のイガイガ対策にも役立ちます。
 

カステラ

カステラは元々、ノンオイルで作れるお菓子。余分な脂肪の摂取を控えたい、飛行機内でのおやつにはぴったりのお菓子です。

ただ、鈴カステラや市販の動物入りカステラには油脂類が使われていることも。いかにも昔ながらのカステラ!という容貌のものを見つけ、材料を確認するのがおすすめです。

コンビニやスーパーでも無添加で油脂類や牛乳などを使わずに作っているカステラはあるため、普段からあたりをつけておくと渡航前に迷いません。

カステラを買う時に気を付けたいことがもう1つあります。あらかじめ食べやすいサイズにカットされたものを選びましょう。飛行機内で大きなものをかじるのは大変です。

飛行機内に持ち込むおやつは、固形・ローカロリーが基本!

飛行機内へのお菓子の持ち込みは、国内線であれば規制は厳しくありません。国際線では液体の持ち込み制限に引っかかることが多いため、固形物に限って持ち込むのが無難です。

また飛行機内は、普段暮らしている場所と環境が変わるため、体調も乱れがちになります。ローカロリーで脂質が少ないお菓子を選びましょう。

移動中に食べるおやつは小さな楽しみとはいえ、非日常感を高めてくれるもの。飛行機移動に適したおやつを選んで、おいしくて楽しいひと時を過ごしましょう。