飛行機で耳がキーンとする原因はなぜ?対策と耳が痛い時の治し方

耳がキーンとなる

耳鳴りする。耳が痛い。

耳がザワザワする、耳に違和感がある。
 

飛行機に乗ると耳が変になってしまうことってありますよね。特に離着陸の時に耳に違和感が出ることが多く、これが苦手で飛行機がキライという人も多いです。

なぜ耳がキーンとなったり、痛いと感じるのか。その原因はなぜなのか、また予防や実際に痛くなった時はどのように対策すれば良いのかをまとめました。

飛行機に乗る度に耳が痛くなる場合はぜひ参考にしてくてみださい。

なぜ起きる?耳がキーンとする原因

耳がキーンとする、痛い、詰まる…

不快な症状の主な原因は「気圧の変化」です。

 
中耳炎という言葉を1度は耳にしたことがあるでしょう。中耳は鼓膜の内側にある部分。ここには空気が入っています。

中耳内の空気の気圧と体の外の気圧を同じにするために働くのが耳管。日常生活の中では、意識せずとも開閉を繰り返して、気圧の調整を行っているのです。

 
飛行機の離着陸時には、気圧が大きく変化します。この気圧の急な変化に耳管の働きがうまく適応できれば、耳の不快な症状は起きません。

気圧の変化に耳管の働きがついていけないと中耳と体外の気圧差が大きくなり、耳が圧迫されます。圧迫によって耳鳴りや痛みなどの不快な症状が起こるのです。
 

例えば、登山や飛行機に乗る際に、上にいくほどスナック菓子やペットボトルなどがパンパンに膨らんだ経験ってありませんか?

全く同じことが、自分の耳の中で起きているわけです。耳の中で空気がパンパンに膨らんでいると考えたら、そりゃあ痛くもなりますよね。

耳キーン、耳が痛い!は病気?

飛行機で起きる耳がキーンとしたり、耳が痛くなったりする症状、立派な病名がついています。「航空中耳炎」と呼ばれています。

乗り物酔いなどとならんで、一般的に起こる不快な症状として捉えられ病気とは考えられていません。実際、「個人でどうにかしろ」的な雰囲気ですしね。
 

しかし、重症になると一般の中耳炎と同じように耳から液が出る、強い痛みが続くといった症状が出ることも。耳鳴りもキーンではなく低い音に変化することがあります。

重症化した場合は耳鼻科での治療が必要です。自分でできる治し方はありません。不快な思いを味わわないためだけでなく、受診が必要な症状を防ぐためにも予防が必要です。

重症には滅多にならない

私自身、それほど耳がキーンとしたり痛くなるタイプではないですが…これまで100回以上飛行機に乗っても、耳に関して病院にかかったことはありません。

基本的には時間経過で治りますし、重症した場合は病院へと書きましたが、実際には病院にお世話になるのは飛行機の墜落確率と同じと考えればOKですね。

耳がキーンとしない、痛くならないための予防法5つ

なぜ耳の不快な症状が起きるかは分かったけれど、体の中で起きることに対策は出来ないだろ!と考える人がいるかもしれません。

しかし、対策方法はあります。しかも、自分でできるものがほとんどです。耳管を開いて不快な症状を防ぐためにできる5つの予防法をご紹介しましょう。
 

耳のキーンと痛みの予防法1.飴やガムを食べる

耳管は唾を飲み込むと開きます。そのため、飴やガムを口に入れて唾を飲む回数を増やすと予防に役立ちます。

好きな味の飴やガムを持ち込み、離着陸の少し前から口に入れておくとよいでしょう。刺激のあるミントを含んだガムもおすすめです。

なお、この方法は耳の症状が起きてしまってからも対策として使えます。予防に使ったらなくなっちゃった!とならないよう、少し多めに持っていきましょう。
 

耳のキーンと痛みの予防法2.あくび

大きく口を動かす動作自体が、気圧の調整に役立ちます。うまくあくびが出る出ないに限らず、あくびのふりだけでも離着陸時にやってみましょう。

こちらも耳の症状が起きてしまった際にも対策として使えるものです。普段はかみ殺す機会が多いでしょうが、飛行機に乗った時は別。活用しましょう。
 

耳のキーンと痛みの予防法3.アルコールを控える

お酒を飲みすぎて体がむくんだ経験のある人はいるでしょう。耳管もアルコールによってむくみます。むくむと開きづらくなるため、耳の症状を起こす原因になります。

耳の症状が起きやすい人は、飛行機に乗る前や搭乗中のアルコールは控えるのが無難です。目的地での楽しみや帰宅後の楽しみにとっておきましょう。
 

耳のキーンと痛みの予防法4.病気の治療

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの病気があると、耳管はうまく開きづらくなります。飛行機に乗る用事ができたら、早めに治療しておくと耳の症状の緩和に役立ちます。

風邪も要注意。鼻詰まりや喉の痛みなどの症状があると、これも耳管の働きを悪くして耳の症状を起こしやすくなるのです。病院で治療を受けてから飛行機に乗りましょう。

耳のキーンと痛みの予防法5.耳栓

耳が受ける気圧の変化をなるべく、穏やかにするために使います。音をシャットダウンするための耳栓ではなく、飛行機専用の耳栓を使うと良いです。

飛行機用の耳栓の選び方やオススメはこちらの記事で紹介しています。

耳が痛くなってしまった時の対策

耳が痛くなってしまった時の対策1.飲み物を飲む

飴やガムと似ています。水やソフトドリンクなどの飲み物をごくごくと飲むことで、耳管が開くように促します。

ちなみに、小さなお子さんでも離着陸時に耳が痛むことがあります。そんな時にも母乳を飲ませる、ジュースを飲ませるなどの対応をしてはいかがでしょう。
 

耳が痛くなってしまった時の対策2.耳抜きをする

スキューバダイビングをする人にはおなじみかもしれませんが、やったことのない人も多いでしょう。手順は以下の通りです。

1.下準備として鼻をかむ
2.鼻を軽くつまんで空気を吸い込む
3.口を閉じて、息を耳に送る
4.唾を飲む

耳がスポッと抜けた感じがするまで、数回繰り返します。鼓膜が傷つく可能性があるので、あまり強くやらないように気を付けましょう。
 

耳が痛くなってしまった時の対策3.点鼻薬を使う

鼻炎のある人ならば使ったことがあるでしょう。鼻の奥に目薬のように差す、あるいはシュッと吹き付けて使う薬です。

鼻炎や風邪で病院に受診するのであれば、飛行機に乗る予定があることを告げて、点鼻薬をもらっておくと安心でしょう。

鼻炎や風邪はないけれど耳の症状を起こしやすい場合には、薬局で薬剤師さんに相談するのがおすすめ。適したものを選んでもらえるはずです。
 

耳キーンや痛い!には予防と対策が大事

飛行機に乗る際に起きる耳の症状には、打つ手がないわけではありません。なぜ起きるかや予防法、対策を知って、快適に過ごせるように手を打ちましょう。

万一、起きてしまった場合でも治し方を知っているし、対策グッズを持っている!と思えば気分も違うはず。手を打って、心地よい飛行機でのひと時を過ごしましょう。