飛行機に缶ビールを機内持ち込みできるのか?お土産にお酒はOK?

飛行機に乗る時は「お酒の持ち込み制限」に気をつける必要があります。

海外旅行や出張帰りとなると、缶ビールを持ち込んで飛行機で一杯…とやりたいところですが、機内持ち込み方法によっては事前に没収されたり、最悪罰金を食らう可能性もあるので注意しましょう。
 

 
ちなみにザックリ言うと

国内線は缶ビールを飛行機に持ち込んでもOK
国際線は搭乗エリアで購入したお酒なら持ち込み可能

となります。

缶ビールやアルコールの飛行機内持ち込みはできるのか?またお土産でお酒を購入して国内線や国際線に乗ることはできるのか?といった疑問に答えていきます!




飛行機にお酒の持ち込み、預け入れ荷物に入れることはできるのか?

国内線でのお酒の扱い

国内線にお酒の機内持ち込み・預け入れともにほぼ制限はありません。

なので、出張帰りの飛行機にビールを持ち込んで一杯やるのは何の問題もないということですね。もちろん、飛行機搭乗前に開けてしまったビールを持ち込むのはNGですが(笑)
 

また注意点もあります。

国内線へのお酒の持ち込みの注意点
・アルコール度が24%を超すお酒の持ち込み・預け入れ量に制限のある航空会社がある。
・アルコール度が70%を超すお酒は持ち込みも預け入れもできない。
・小売り容器に入った状態での預け入れ・持ち込みを義務づける航空会社がある。
・機内では持ち込んだお酒を飲めない航空会社がある。

 
アルコール度に関する制限は、焼酎やウォッカ、泡盛などには注意が必要ということ。

もっとも、例えばANAにしても「24%以上のお酒の持ち込みは5リットルまで」となっており、実際にはお酒を5リットルも持ち込むことは少ないはずなので、一般的なお土産程度であればまず問題になることはありません。

またビンに入ったお酒の場合機内持ち込みが求められます。これは、預け荷物でお酒が割れて火事が発生しようものならシャレにならないためで、ビンに入ったお酒は必ず飛行機のなかに手荷物として持ち込んでください。

つまりビンのお酒もまた機内持ち込みOKということですね。

国際線でのお酒

国際線でのお酒の持ち込みの注意点
・小売容器に入った状態で持ち込み・預け入れを行う。
・アルコール度24%を超えるお酒は1人5Lまでしか持ち込み・預け入れできない。
・アルコール度70%を超えるお酒は持ち込み・預け入れできない。
・乗り継ぎ時に免税店で購入したもの以外、持ち込めない場合がある。
・飲食物の持ち込みを禁止する航空会社がある。

国際線では、お酒の預け入れはできても持ち込みの制限が大きくなります。

そもそも国際線は開封済み、未開封に限らず液体物は荷物検査場で全部没収されます。100mlの化粧品とかだったら問題ないのですが、お土産として購入したジュースやお酒は預け荷物にするしかないということですね。

 
ただ、出国後(国際線の出発エリア)の売店でお酒を購入することはできます。

そして、ここで購入したお酒は持ち込み可能です。
 

なので国際線の場合

お土産用のお酒:預け荷物として預ける
飛行機で飲むお酒:国際線搭乗エリアの売店で購入する

このルールさえ覚えておけばOKです。

ただし、搭乗エリアの待ち時間に缶ビールを開封してしまって、余ったビールを飛行機に持ち込む~ということはできないです。缶ビールを機内持ち込みするにしても、必ず「未開封」のものであることが条件です。

 
あと、一部航空会社ではお酒の機内持ち込みが不可能。

例えばマレーシアのクアラルンプール国際空港でエアアジアを利用すると、搭乗エリアでお酒どころかペットボトルすら一切買えません。

置いてあるのはコンビニコーヒーみたいな簡易プラスチックに入った水くらいで、当然これは飛行機内に持ち込むことは不可。要は「飛行機の中で買え!」ということです。(笑)

そもそも、エアアジア国際線って飲食物の持ち込みを禁止しています。もっとも、以前私が持ち込んだお菓子を食べていても何の文句も言われなかったので、持ち込みに関しては暗黙の了解みたいになっている部分もありそうですが…
 




缶ビールやビン入りのお酒のポイント

缶ビールを預け入れ荷物にする際の注意

ビンよりは強度がありそうな缶ですが、預け入れにした荷物の中で破裂してしまうケースもあります。破裂したビールを飲めないのも残念ですが、荷物がビールまみれになってしまうのも勘弁ですし、他の人の荷物まで汚してしまったら大変ですよね。

 
缶ビールの場合、缶が薄い金属でできているため、衝撃がかかったり突起物に触れたりすると、破裂するという説もあります。

複数の缶を預け入れるならば以下のようにして破裂を防ぎ、万が一破裂した時も被害を最小限に食い止められるよう、工夫しましょう。

・缶を1つずつ梱包材(いわゆるプチプチ)で包む。
・さらにタオルやバンダナなどで缶を包む。
・ビニール袋に二重、三重に入れる。
・ビールを収めたビニール袋が動かないよう、衣服や布製バッグを周りに入れる。

梱包材は、自宅に届いた荷物に入っていたら取っておくと便利です。可能であれば、袋状になったものとシート状のものと両方持参しましょう。袋状のものに缶ビールを入れ、シート状のもので隙間を埋めるようにすると固定がしやすくなるからです。

また、多めに持っていくとお土産のお酒を予定以上に多く買った時や、割れ物を買った時に便利。梱包材を買い足す手間も省けるのでラクです。

 
ビニール袋は1番外側のものだけでもジッパー袋にすると、水漏れの心配も軽減します。

ビニール袋も何枚か余分に持っていくと、やむを得ず濡れたものを持ち運ばなければならない時や、お土産が増えた時に便利です。

実際のところ:預け荷物で缶ビールが破損することはあるか?

私はこれまで缶ビールを3回ほど、お土産としてスーツケースに入れて預け荷物にしたことがあります。

ただ、今まで1度も破損したことはありません。なので缶が破裂してしまうような事は普通はないのですが、万が一にも破裂した場合大惨事になるので、可能な限りタオル等でくるんでおいたほうが安全ではあります。

ビン入りのお酒はどうなるの?

外国のビールにもビン入りのものもあり、ワインなどビン入りが一般的なお酒もあります。ビン入りのお酒も、ルールさえ守れば飛行機で運ぶことは可能です。

国内線だと割れやすいビンに入ったお酒は、機内への持ち込みを義務付けている航空会社もあります。国際線だと機内への持ち込みは困難ですから、缶ビール同様、預け入れ荷物にするのが無難です。

 
ビン入りのお酒は、ボトルワインを持ち運ぶために作られたエアクッションに収めましょう。衝撃による破損を防いでくれます。

ワインをはじめ、日本酒などのボトルに入ったお酒を持ち歩く場合は、エアクッションに入れたうえで、缶ビールと同様に二重、三重にしたビニール袋に入れるのがおすすめ。

そのうえで、これも缶ビールと同様に柔らかい衣類やタオルなどで周囲を固定すれば割れづらくなりますし、割れても内容物が漏れづらくなります。

缶ビールもお酒も飛行機で持ち運べる!

国内線の飛行機に乗る場合は、缶ビールを含むお酒を機内持ち込みするのも、預け入れ荷物にするのも可能です。持ち込んだ缶ビールやその他のお酒を、機内で飲めるかどうかは航空会社にもよりますが、飲めるところが多いと考えて問題ありません。

一方国際線では制限がかかることが多いため、持ち込みが可能な国でも預け入れ荷物にするのが無難です。ルールを確認し、内容物が漏れない梱包をして預け入れましょう。