飛行機でエンジン音がうるさい座席、うるさくない座席はどこ?

飛行機で寝ようとしてもエンジン音が気になって寝付けない。エンジンがなければ動かないのはわかるけれど、どうにもうるさいと感じてつらくなりますよね。

エンジン音がうるさくない座席はどこか?。今回はエンジン音がうるさい座席と、うるさくない座席についてお話します。
 

エンジン音のうるさい座席はどのあたり?

エンジン音がもっともうるさい座席は中央座席です。エンジンがついている主翼に近いため、まともにエンジン音が届く席になります。

また、中央の座席だとフラップ(飛行機の羽にについている、速度を制御する機器)がウィーンと音を立てる様子が良く聞こえます。その意味でも中央座席は避けたほうが良いでしょう。
 

逆に、エンジンよりも前にある前方座席はエンジン音が比較的小さいです。

特にビジネスクラスやプレミアムエコノミークラスなど、エコノミークラスよりもハイクラスな座席は、前方に設定されるのが常。

少しでもエンジン音がうるさくない席をと思うのならば、お財布事情と相談して可能な限りハイクラスな席にするのがおすすめです。

エンジン音以外にも、うるさい座席に注意!

トイレの場所を確認しよう

トイレ付近は人が集まるため、話し声やドアの開閉音がよく聞こえます。

私のように冷え性でトイレに行く回数が多い人間は、トイレは近いほうが嬉しいです。でもそうでない人は、トイレから少し離れた席を選ぶと快適に過ごせます。
 

子どもの声がうるさいなら、前方座席は避ける

飛行機の最前列には、赤ちゃんが乗るケースが多いです。

「バシネット」と呼ばれるベビーベッドを設置できるのが最前列だけだからです。実際、ビジネスやファーストクラスが存在しないLCCだと最前列に99%赤ちゃん連れ家族がいます。
 

子供の泣き声は、自然なものだとしてもうるさいもの。

もちろん、最前列以外にも赤ちゃんが乗ることは多いですが、最前列に近いほど赤ちゃんの泣き声に振り回される可能性が高いと思ったほうが良いです。
 

こちらも、ビジネスやファーストクラスなら回避できる確率は高いですけどね。

ビジネスクラスって子供でも利用できるので、100%騒音を回避できる確証はありませんが、私はこれまで何度かビジネスクラスに乗ってきて、小さな子供は一度も見たことがありません。
 

後方の席は騒がしい?!

後方の席もトイレがあれば人通りが多くなるのは言うまでもありません。さらには飛行機の調理場、ギャレーがあるため予期せぬ物音が聞こえやすい環境です。

特に食事の時間前ともなれば、数多くの乗客分の食事を用意する場所ですから、物音がしないはずはないですよね。

ャレーの他にもキャビンアテンダント用の座席が近いため、キャビンアテンダントの話し声が気になるという声もあります。話し声が気になる、うるさくない場所に座りたいならば後方の座席は避けるのが無難でしょう。
 

また、意外と多いのが泣き止まない赤ちゃんを前方もしくは後方に連れてくる両親。

座席の周りで泣かせるよりは、少しでも人の少ない場所で….という気遣いが、結果的に広報座席に座っている自分には迷惑になってしまう悲劇。

 
加えて、後部座席はエンジン音や排気音が聞こえやすい席でもあります。エンジンから出る音は後方に流れるため、全く聞こえない環境は望めません。

後部座席は機内の人間が立てる音、エンジン音ともに聞こえやすい席と覚えておきましょう。
 

結局、快適でベストな環境は?

飛行機の中で快適に過ごしたいと思えば、まずはファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスといった座席を選ぶのが確実です。

 
エンジン音や機械音なども聞こえづらい。

座席数が少ないから、人間から出る音も小さい。

うるさい赤ちゃんが乗ってくるケースも少ない。

ただ、プレミアムエコノミーはエコノミークラスの2倍の値段するし、ビジネスクラスは4倍以上の金額になります。よほど金銭に余裕がないと非現実的ですよね。
 

エコノミークラスの場合は、「後部座席、その中でも前のほう」くらいの位置がベストです。

フラップなどの機械音は聞こえづらく、人が集まりやすい一番後ろのトイレ&ギャレーエリアにも微妙に遠い。飛行機の中での騒音対策は、後方座席の前方あたりがベストです。

LCCの場合

LCCの場合は事情が異なります。大手航空会社だと「ビジネス⇒プレミアムエコノミー⇒エコノミー」とエコノミークラス最前列の時点で飛行機中央に近くなります。

ただし、LCCであればエコノミークラス以外には存在しないので、「前方座席、その中でも中央部分」くらいでもエンジン音や人による騒音を防ぎやすいです。

飛行機内がうるさいなら、必ず耳栓を用意しよう

イヤホンや耳栓を用意しておけば、騒音を軽減できます。

特に、飛行機の中にパソコンを持ち込んで仕事する場合は、赤ちゃんの泣き声が聞こえてくるとすぐに集中力が切れてしまいますよね。

耳栓の中には、耳がキーンとなるのを防止してくれる機能持ちもありますし、ぜひ下記からおすすめの飛行機の耳栓のおすすめをチェックしてみてください。

席の移動を申し出る

飛行機って、ガラガラな場合は席の移動が可能です。

どうしても周囲がうるさいときは、キャビンアテンダントさんに席移動の希望を伝えましょう。可能と判断されれば、晴れて席を移動できます。

エンジン音のうるささは座席指定で回避可能!

気になるエンジン音のうるささは座席指定次第で回避できます。あの音がどうにもと思えば、座席を指定するに限るのです。

エンジン音以外の音は「比較的静か」な可能性が高い座席を指定し、自衛策もとっておくのがおすすめです。

飛行機は見知らぬ人同士が乗り合わせる場所。どうしようもないことはありますが、少しでも快適に過ごせるよう、対策を講じてから出発しましょう。